FC2ブログ

林道ツーリングしたり、工賃ケチってメンテしたりです。テントを積んで遠出もします!

自分が実際に林道ツーリングで役に立ったもの勝手にランキング

2016年12月21日
林道ツーリング 0
第9位 近所の河原(練習する所)

自分は基本ビビリでございます。
林道へ行くのは不安でしたので、ダート走行に馴れるまでは河原で練習していました。

ただ特に眺めが良い訳ではありませんから、ここ数年は走っていません。

何かあってもバスで帰ってこれますので安心です。

第8位 サイドスタンドエクステンション

サイドスタンドの接地面積を増やすパーツです。
柔らかいダートでスタンドを立てても沈まない代物です。
無いと止まるたびに場所を選んで停めなければならず。
あるととても楽です。

唯一、付けていても「なぎさドライブウェイ」でサイドスタンドが砂浜に埋もれて立ちごけしました。

私の取り付けているものとは別物ですが、こんな感じのパーツです。



第7位 取り外しできるリアボックス

近頃は数々の失敗の反省からたくさん荷物を持って行きたいんです。
転んだ時に簡単に車体から取り外せるので、車体を起こすときの疲労度が相当違います。

本気の人と一緒に行くと、「箱なんか外して来い」と叱られたりしますので、取り外せたほうがよろしいかと




第6位 工具

以前、立ちごけした際にブレーキレバーが曲がって、ハンドガードに接触し、ブレーキランプが付きっぱなしになりまして。
ロードサービスをあてにしていますが、小さいトラブルは起きますので、付属の車載工具とは別に簡単な工具を携帯しています。

ハンドガードを外して対応はおしまいでしたが、6角棒レンチが無いと、どうにもなりません。



第5位 ツーリングマップル&ガルル Go RIDE&インターネット

初めて行く林道を走破することに喜びを感じるので、林道の場所を知らないことには、どうにもなりません。

他の方のブログも参考にさせてもらっています。

※ガルルさんは廃刊されたようです(2019年4月10日時点)
※Go RIDEさんが創刊されたようです(2019年5月20日時点)



第4位 カーナビ(スマホのナビ)

林道の入り口は分かりにくいことが多いです。
地図上の道の形とナビを照らし合わせて目的地設定すると、大体たどり着けます。

地図だけの時代は、わざわざ高速使って遠くにきたものの、見つけられないなんてこともありまして、見つからない時用の林道も、いくつか調べて行ってました。



第3位 24時間ロードサービス付きの任意保険

走行中にチェーンが切れたことがあります。
レッカー移動をお願いしたところ、ホテル代、レッカー代、新幹線代と自宅までのバイク輸送費が全て無料で、しかも等級はそのまま変わらないという、超お得サービス。

難点は、保険会社指定のレッカー会社と修理工場になるのでJAFに比べて大分遅かったです。
しかし何より無料ですから
(ホテル代や交通費などは、お金を払って領収書をもらい、後日保険会社に請求する仕組みですから、コンビニでお金を下すにしても、ある程度お金が必要。)

また、24時間サービスがオススメ。
私の場合、夕方5時過ぎに故障して、ホテルに着いたのが夜10時頃ですから。
某バイクショップにも連絡をとっていたのですが、閉店の時間となり寂しく電話が切られました。
大人です


第2位 おかしと飲み物

林道は人里離れたところが多く、コンビニなど無い地域を一日中うろうろすることもあります。

また、トラブルが起きたときなど、一旦休んで物を食べたり飲んだりすると、不思議と落ち着いてきます。

だいたい前日にスーパーで準備。

チェーンが切れた時は、すごく田舎でしたのでレーカー車が到着するまで時間がかかったりして、落ち着いたのが夜10時頃。
お腹すきますよ。



第1位 オフロードブーツ(ロング)

自分はへたれなので、派手に放り出されて転ぶなんてことは、ただの1度もございません。

ビビったり、落ち葉や凍結で滑ったりしてバランスを崩して、ほとんどが超低速ごけ&立ちごけ。
しょっちゅう足の上にバイクが倒れてきます。
20回位は助かっていると思う(助からないときも1度だけありました)

もし動けなくなったら、電話も通じないところが多いですし、人が通りかかるのを延々と待つか、痛みをこらえて運転するか。。。

どちらも悲惨です




これから、林道に行って見ようと思われているかたの参考になれば幸いです。(もっと大切なものもある気がしますが、そちらは上級者にお任せします
関連記事
かず太郎
Author: かず太郎
XT660Z Tenereで関東甲信越と静岡で林道散策して喜んでいますが、テントを積んで遠出したり、バイクをメンテしたりします。
どうぞよろしく。

当ブログは自由にリンクを張っていただいて構いません。また、連絡も必要ありません。

Comment(0)

There are no comments yet.