FC2ブログ

林道ツーリングしたり、工賃ケチってメンテしたりです。テントを積んで遠出もします!

プーチ エンジンガード(XT660Z TENERE用)の話

2019年12月09日
XT660Z Tenere 0
2016年1月

DSC00839.jpg

ショッピングサイトの画像を見てツルツルしているものと思い込んでいましたが
実際は、ザラザラで、プーチのマークもありません。

以前にGSR250に取り付けたのキジマのエンジンガードと比べると
ノコギリで切り過ぎた跡があったり、削りカス(?)がパイプに入っていたりと、残念な仕上がり。

ただ、あてがった感じでは、穴の位置がピッタリでしたので、取り付けてみたんです。

DSC00843.jpg

英語の説明書。
微妙に長さの違うボルトを使っていて、無いと難しいと思う。

DSC00847.jpg

スキットプレートのボルトを外して、おろします。

DSC00852.jpg

このボルト利用するのですが、元々説明書とは逆に取り付けられていまして、入れ替えることに。
ただ、取り外そうにも引っ掛かって抜けません。

DSC00856.jpg

サイドスタンドを外して。(センタースタンドが取り付けられていない場合はどうするのだろう)

DSC00859.jpg

反対側からボルトを差します。。。が
引っ掛かって差せなくて、調整を一杯に緩めてブレーキペダルの上側から入れて。

DSC00860.jpg

このナットが取り付けられなくて、ホーンとレギュレーターを外します。
付属のナットは15mmで、そんなメガネレンチは手持ちに無く、工具を買い足しました。

DSC00864.jpg

左側。

DSC00865.jpg

正面。

DSC00868.jpg

上から。

DSC00870.jpg

右から。

ちょっと取り付けにくいかも。
また、本体のボルト類がことごとく固着して外せなくて、CRC-556が大活躍

純正オプションのスキットプレート、センタースタンドを一緒に取り付けていまして、特に干渉することはありません。
運転操作の邪魔にもなりませんし、今のところ良さげ。

-------------------
2019年12月

DSC08119.jpg

妙にガードが緩んでカタカタすると思いましたよ。
取り付け方法の紙に英語で小さく中強度のロックタイトを塗れって書いてあったんです

締め直しているところです。

DSC08122.jpg

ボルトが傷んでいたので仮で交換中。
細目じゃなかったんで取り敢えず余りのボルトで代替してみました。

説明書は隅々まで目を通さないといけませんね。
関連記事
かず太郎
Author: かず太郎
XT660Z Tenereで関東甲信越と静岡で林道散策して喜んでいますが、テントを積んで遠出したり、バイクをメンテしたりします。
どうぞよろしく。

当ブログは自由にリンクを張っていただいて構いません。また、連絡も必要ありません。

Comment(0)

There are no comments yet.