FC2ブログ

林道ツーリングしたり、工賃ケチってメンテしたりです。テントを積んで遠出もします!

GIVI UT-808 防水サイドバッグの話

2019年04月20日
XT660Z Tenere 0
DSC06935.jpg

ネットで3ヶ月以上チェックしていても、ちっとも値下がりしないんでイタリアから直輸入しました!!(人生初)
二千円位安く購入できます😁
(実はこの後、関税&税金の請求がありまして、結局高くつきましたのでお勧めできません)

国内はゆうパックで配達です。

DSC06939.jpg

ええ!!!!!左が二枚あっても😱😱😱

イタリアのサイトに、どうやってクレーム言えば良いんだろう。。。


DSC06940.jpg

板はバッグの底にはめ込みます。
引っかかる布が破れないかと心配
です。

右側は板をひっくり返して使えば同じ形のようで、取り敢えずしのげそう。

DSC06942.jpg

二重になっています。

DSC06943.jpg

底には空気を逃がす穴があります。

DSC06946.jpg

ステーに固定する紐です。
若干チープ感がありますが、意外と固定できます。

DSC06947.jpg

肩掛けできるんですよね。
ホテルに泊まったり、キャンプの時はどうやっても2~3往復していますから、両手が開くのはポイント高いです。

DSC06948.jpg

イタリアから送られて来ましたが、どうやら隣の国で作っていたようです。
遠回りしてます😄

DSC06950.jpg

しっかり防水なんですよね。

DSC06951.jpg

ステー側の爪は外しました。
車体側のプラスチックのカバーを取り、六角レンチで外れます。

DSC06961.jpg

後ろから見たところ。
ステーのおかげで見た目にもキレイにおさまる気がします。

DSC06977.jpg

説明書ではシートの下を通す図になっていますが、マフラーもあるし、シートの上に通します。
後ろ側はトップケースと台座の間に通してみました。

DSC06978.jpg

価格差が二倍以上あるのに申し訳ありませんが、コミネの18LのバッグとGIVIの25Lを比べます。

高さに差がありそうです。
長さは気持ち短いかな。

DSC06979.jpg

幅はほぼ同じです。
ただコミネのほうは、チャックを外して横に拡張するとさらに荷物が入ります。

img123.jpg

説明書です。
図解入りなので何となく解ります👍

img124.jpg

底の板が取り付けにくいです。
慎重に何度もずらしながらようやく収まりました。
やり方が間違っているのかもしれません。

-------------------
2019年5月中旬

img127.jpg

後日、コンビニ払の用紙といっしょに請求書が送られてきました。
関税&消費税を払えということです

関税の支払は別で送られてくるのかぁ。

結果は全部込みで27,462円でした。

その内訳は
以下の通りです。
 商品価格 20,251円
 送料 5,211円
 関税 700円
 その他税金 800円
 手数料 500円

3月下旬に注文して4月中旬に商品が届き、部品の誤りで現在もメールのやり取りが続いている状況です。
時間と手間を考えたら普通に購入していたほうが断然得だと痛感しています

-------------------
2019年5月下旬

DSC07417.jpg

問い合わせのメールが9往復にもなってしまいました。
電話をかけようにも国際電話ですし言葉も違いますから。
ただ、当初はgoogle翻訳を使って英語でやり取りしていましたが、途中からお店側から日本語で返信してくれるようになりましてね。
直訳日本語ですので意図を汲み取れなかった事などありましたが、無事にR側が送られてきました。

L側をひっくり返して重ねると同じです。

DSC07418.jpg

無事に取り付けられました。

時間がかかったのは、たぶん取引を証明するためでしょうか何やら番号が必要らしいのですが、どの番号か判断が付かず、
バッグが入っていたビーニール袋に貼られていたシールやダンボールの宛名などの写真をいくつか送ったんです。
結局、どの番号が正解だったのかは分かりませんが、無事に送られてきました。

Motostormさん対応ありがとうございました。



関連記事
かず太郎
Author: かず太郎
XT660Z Tenereで関東甲信越と静岡で林道散策して喜んでいますが、テントを積んで遠出したり、バイクをメンテしたりします。
どうぞよろしく。

当ブログは自由にリンクを張っていただいて構いません。また、連絡も必要ありません。

Comment(0)

There are no comments yet.