FC2ブログ

続・お休みの日って何してる?

山歩きしたり、林道ツーリングしたり、温泉に入ります!

 

Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[林道] Genre[車・バイク]

剣抜大洞林道(山梨県南部町)

2013年4月中旬

DSC05471 (800x600)

祝!相模原愛川IC開通!!
厚木の渋滞をまったく通りませんので、時間短縮に加えて精神衛生上良いです。
R129からスムーズに入れますんで無駄がありません。
素晴らしすぎる~

おまけに相模川沿いを走るんで、景色をさえぎるものがありませんので、
とっても爽快な高速道路になっています。

難点は、風が強過ぎるところ。

DSC05475 (800x600)

新東名の新清水ICで下りて北へ。道の駅「とみざわ」に到着。

DSC05477 (800x600)

こっち側から林道に入ります。

DSC05478 (800x600)

福士川。ずいぶんキレイな川ですね

DSC05480 (800x600)

温泉は後のお楽しみで、そのまま剣抜大洞林道に入ります。

DSC05482 (800x600)

やっとダートです。感覚的には7~8割舗装化されているような気がする。

DSC05486 (800x600)

上の方は若干寒い

DSC05487 (800x600)

支線。

DSC05488 (800x600)

90度にバイクを倒せる人専用。

DSC05490 (800x600)

先に進みます。

DSC05493 (800x600)

もう民家が目だってきましたんで、引き返したところ。

DSC05495 (800x600)

こんなフラットな直線があったりします。

DSC05496 (800x600)

左の道から下ってきたんです。
もの足りなかったので少し支線を散策することにします。
「林道成島線」だそーで。

DSC05497 (800x600)

こちらもほとんどが舗装されていまして。橋の手前で引き返します。

DSC05498 (800x600)

あちこち崩れていますね。

DSC05500 (800x600)

この辺りは少し周りと違って整備されている感じ。

DSC05501 (800x600)

針葉樹っぽいのに葉があんまりありませんね。
こういう種類なんでしょうけど、ちょっと寂しい景色。


より大きな地図で 剣抜大洞林道 を表示

ほとんど舗装で片道19kmほど。

DSC05503 (800x600)

温泉の駐車場の向こう側にも田代峠に続く道をみつけまして。
幸い自己責任ゲートでしたので、おじゃまします。

DSC05505 (800x600)

こっちのほうが林道っぽい

DSC05506 (800x600)

川に沿って登りが続きます。

DSC05507 (800x600)

徐々に荒れてきます。
ほどほどで引き返してきました。


より大きな地図で 田代峠の林道 を表示

2kmで撤退。

距離不足な感は否めませんが、GW前に走れるのは貴重ですし、
近くの林道を上手につなぐことができれば、意外と楽しめそうな気もします

-------------------
2019年3月上旬

DSC06761.jpg

ここが林道万沢大峠線の入り口の様です。
標示にもはっきりと「林道」と書かれていて大変分かりやすい

DSC06763.jpg

途中から道がドロドロしてきたので、無理をしないでここで引き返しました。
本日のメインは「剣抜大洞林道」ですから。。。



林道万沢大峠線

800m位で引き返していますね。

DSC06768.jpg

あぁ。。。「剣抜大洞林道」は通行止めでした


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

山梨県南部町あたりの林道(山梨県南部町)

2014年3月上旬

DSC07261 (800x600)

富士山~。

DSC07267 (800x600)

佐野林道っぽい。
ゲートがたまたま開いていたんで、その場で進むか迷っていたら、林道管理者らしきかたに叱られてしまいましてね。
引き返すところ。

いまごろ閉じ込められていたのかもしれません。


より大きな地図で 佐野林道 を表示

佐野林道 ゲートまで1km


DSC07270 (800x600)

戻って分岐を右へ。

DSC07271 (800x600)

たぶん栃広林道だと思う。
良く整備されていまして、とても走りやすい。

DSC07272 (800x600)

整備され過ぎ。
ここで引き返します。


より大きな地図で 栃広林道(途中まで) を表示

栃広林道 2km


DSC07265 (800x600)

西乗林道の分岐。

DSC07274 (800x600)

こんな林道をダンプカーが頻繁に通っていくんです。
ゆっくり後についていきます。

DSC07275 (800x600)

右折してすぐに工事中。

現場監督らしきかたに遠くのほうから腕で大きくバッテンサイン出されましてね。
4月になったら工事が終わるからそれまで待てって。

でもそれって舗装化された後ですから。。。


DSC07278 (800x600)

少し戻って先に進んでいきますと、なかなか良い景色がつづきますが。


DSC07282 (800x600)

こちらも通っては駄目みたい。


より大きな地図で 西乗林道(舗装工事中) を表示

西乗林道 のべ4km

DSC07263 (800x600)

お目当ての林道はどれも走りきれませんでしたので、
ずーっと戻って、林道石神峠線の様子を見ることにしまして。

DSC07283 (800x600)

天子湖に沿って走るんです。
これが意外と距離があって楽しい。


より大きな地図で 林道石神峠線 を表示

林道石神峠線 4km

DSC07284 (800x600)

舗装に変わってしまったんで、支線に入ってみたものの、ひどい荒れよう。


DSC07287 (800x600)

静岡県側に抜けました~

-------------------
2019年3月上旬

DSC06774.jpg

栃広林道です。
今回はもう少し頑張って走りました!

ただ少し進んだところで砂防ダムが現われて終点です。

DSC06778.jpg

急勾配になったので、歩いて終点を確認してきました。

DSC06783.jpg

こちらは西乗林道です。
途中の分岐から北側は進めませんでしたので道なりに行きますと。。。

DSC06785.jpg

途中から舗装になり、最後はチェーンで通行止めです。

DSC06788.jpg

今回も林道石神峠線を抜けてきました。
今も変わらず走りやすい林道ですね。

途中で引き返したので、気になっていたのですが、走ってみたら結局走れないことを確認しただけでした


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

川根の林道(静岡県中川根の辺り)

2014年1月上旬

DSC06992 (800x600)

天気良かったんです。

DSC06993 (800x600)

崩れたあとかな。

DSC06996 (800x600)

行き止まり。

DSC06997 (800x600)

20kmもあるのか?
道を間違えたかも。


より大きな地図で 林道 藤川線 を表示
林道 藤川線 9km


DSC06998 (800x600)

こんどはR362の反対側へやってきて

DSC06999 (800x600)

分岐が多くて悩みます。

DSC07001 (800x600)

こっちかな。

DSC07002 (800x600)

看板。
3kmとは思えないけど。

DSC07004 (800x600)

こっちに行って。

DSC07005 (800x600)

ひだりは行き止まりで、こっちに行って。

DSC07006 (800x600)

行き止まりの広場。

DSC07009 (800x600)

ずーっと行っても結局行き止まりで。

DSC07011 (800x600)

ずーっと戻って曲がっても先に進めなくって。

DSC07012 (800x600)

随分戻ったところで曲がりまして。

DSC07015 (800x600)

工事車両で道を塞いでいるところ。

DSC07017 (800x600)

こっちに進んでやっと抜けられます。


より大きな地図で 林道 本城下泉線 を表示
林道 本城下泉線 たくさん迷って延べ19km


DSC07018 (800x600)

実は久しぶり。

DSC07019 (800x600)

少し荒れ気味かな。

DSC07020 (800x600)

以前に左に曲がってひどい目にあいましてね。躊躇なく右へ進みます。
そのときの話

DSC07022 (800x600)

無事にゴール


より大きな地図で 林道 下泉笠間線 を表示
林道 下泉笠間線 8km(たぶん)

たくさんダートが残されていて手入れもされていますし、とても素晴らしい地域です。
良い温泉あるしね。

-------------------
2019年3月上旬

DSC06703.jpg

ウッドハウスおろくぼから白羽山へ向かうところです。

DSC06706.jpg

少し開けたところに展望台があり終点です。

DSC06708.jpg

眺めが大変すばらしい。



白羽山展望台への林道
少し勾配が急ですが、しっかり整備されています。
砂利道区間は残り500m程です。

DSC06710.jpg

林道もみの木平線の入り口。
通行止めは置いてあるだけのものでしたが、無理に突入せずに次へ行きますよ。

DSC06714.jpg

蕎麦粒林道の入り口です。
タンクローリー車が入っていきます。
どうやら工事しているようですね。
素直に引き返しました。

DSC06715.jpg

屋根付きのトイレです。
大札山の登山口のようで、駐車スペースもあります。

DSC06718.jpg

橋の向こう側から左へ進むと水川林道です。

DSC06720.jpg

入り口近くはフラットな林道でした。

DSC06722.jpg

川沿いを気持ち良く走っていたのですが。。。

DSC06724.jpg

次第にドロドロしてきたので引き返します。
そうです、この日は全然頑張りません。
他にも近くに良い林道がありますから。



水川林道
びしょびしょですが良く整備されています。2km位走って引き返してきました。

DSC06728.jpg

林道藤川線に来ました。
前回は工事中で引き返してきたんですよね。

天気が良かったせいか、カエルちゃんだらけで避けるのに必死です。

DSC06730.jpg

残念!まだ工事中のようです。
前回より少しだけ進んだ気がします。

結局、気になる林道が増えただけでした。
またお邪魔します

立ち寄った温泉⇒千頭温泉 旬(静岡県川根本町)
なかなか味のある温泉でした。


Category: トレッキング > 山歩き   Tags: 鍋割山  鍋焼きうどん  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[山登り] Genre[趣味・実用]

大倉バス停からの鍋割山往復(神奈川県秦野市 2月と11月)

2016年11月下旬

P_20161126_090457.jpg

大倉バス停から歩き始めます。

といっても、バスで来たわけでは無くて、裏にバイク駐車スペースがあるんです。
バイクは無料。

P_20161126_121318.jpg

塔ノ岳の方です。
先日降った雪が残っていますが、アイゼンを着けるほどではありません。

P_20161126_130341.jpg

鍋割山に到着!

P_20161126_130300.jpg

残念ながら雲がかかって富士山は見えませんでしたが、相模湾の眺めは良好でございます。

P_20161126_124200.jpg

鍋焼きうどんが美味しい

想像以上に山小屋は大盛況。

P_20161126_131906.jpg

下山中に山の上のほうだけ何とか姿を見せてくれまして。

P_20161126_142837.jpg

紅葉の長い林道をひたすら戻ります。


鍋割山(大倉バス停から往復)
往復16km、高低差1000m位。
林道歩きがけっこう長いです。


-------------------
2019年2月上旬

DSC06633.jpg

新年会でKくんも山に登るのを知ってえらい盛り上がりましてね。
冬場に山に登るのは初めてと聞き、それほど標高も高くない鍋割山に登ることにしたんです。

Kくんが持って行くっていうもんだから、私も持って行かないと恰好悪いじゃないですか。
もちろん大五郎じゃないほうですよ。

DSC06638.jpg

本当に持って行ったんですって
持って行く前と置いた後の写真じゃ証拠になりませんね。

DSC06639.jpg

大量に唐辛子を入れていたら「七味はかけ放題なんで持って行ってください」なんて言われてしましました。
前回は山荘の中は座る場所も無い位に大混雑していましたが、前日の雪&2月のせいか今回は5割位机が空いていました。
鍋焼きうどんは値上りしていたんですね。
1200円になってしまいましたが、寒い中食べる温かい鍋焼きうどんが体にしみます。
ありがたいです。

DSC06640.jpg

こちらは真鶴半島の方です。
この日は富士山は雲に隠れて見えませんでしたが、伊豆大島まで見えています。

全く雪が積もっていないどころか道中に凍結なんて1ミリもありません。
せっかくKくんにアイゼンを用意してもらったのに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ただ、大倉バス停で、アイゼンを洗っている人が結構いたようで、塔ノ岳の方は必要だったみたいです。

DSC06643.jpg

帰りの林道で、目の前を真っ黒いクマ(?)が横切りましてね。
すぐに崖の下の方へ行ってしまったんですが、また戻って来やしないかとビビリながら帰ってきました。
真っ黒い毛だったのですが、一部首から背中にかけて白かったので、ネットで見かける画像とは少し違う気がします。
この時期クマって冬眠しているんじゃないかって。。。

結局、本物かどうかは謎です。


Category: トレッキング > 山歩き   Tags: 登山用品  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[登山] Genre[スポーツ]

マーモットのヒートナビイアーウォーマーの話



登る予定の山の山頂辺りが-9℃の予報でビビったんです。
過去の苦い経験を振り返ると、気温が低い時に何が辛かったかと考えると耳なんですよね。
冷たい風で寒いというよりも痛いんです
指先もそうなんですが、こちらはスキー用の手袋を持って行きますんで大丈夫なんです。

大型スポーツ用品店の登山コーナーで売っていました。
もっと安いものが季節商品コーナーにもあったのですが、裏がフワフワになっているのと「ヒートナビ」素材なるものを使用しているそうで、なんてったって山頂は-9℃ですから、素材が違うんならと少し奮発しました。
+5℃も違うんだとさ

当日、ほぼ無風で大変良い天気に恵まれまして、登山道が霜柱が溶けてべちょべちょになっていた位です。
結局、一秒も使っていません

使う機会がありましたらインプレします。

----- 広告でございます -----




Category: トレッキング > 山歩き   Tags: 登山  七面山  敬慎院  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[登山] Genre[スポーツ]

表参道から登る七面山(山梨県身延町 1月上旬)

DSC06470.jpg

広い駐車場です。
休日なのに、あまりにガラガラでしたので、少し不安になってきました。

DSC06475.jpg

身延山は昨年遊びに行きました。
ガチで参拝する人は縦走するっぽい。

DSC06476.jpg

登山口の近くにも十分な駐車スペースが空いていてガッカリしているところ。
この近くにトイレもあります。

DSC06478.jpg

ゆったりとした勾配の道を延々と折り返して高度を上げていくんです。

DSC06479.jpg

遠くに見えるのは甲府盆地(たぶん)。

DSC06481.jpg

道は単調です。
しまいには灯籠を数えて登るようになりました。
これは31丁目の灯籠です。

DSC06484.jpg

ここは山小屋でしょうか。
これ以外にもベンチなど休むところが沢山あります。

DSC06485.jpg

迂回路です。

DSC06487.jpg

道を曲がると突然、立派な門が現われて敬慎院に到着します。



鐘の音です。
長いこと良く音が響きます。



七面山敬慎院の鹿ちゃん。
人に馴れているんでしょう、私がカメラを向けてもお構いなしに草を食べ続けていました。

DSC06494.jpg

敬慎院のところが50丁目になっています。

DSC06498.jpg

お守りは何処で売っているんだろうなんて、きょろきょろしていたら中からお坊さんに声をかけられましてね。
聞けば中で購入できて、昼ごはんも用意できるそうです。
味噌汁だけでも良いっていうんで、中でオニギリを食べることにしたんです。

DSC06500.jpg

100円でこれだけの味噌汁がありますと飲み放題レベルです。

DSC06504.jpg

富士山は見えるらしいんですけど、この日は雲の中でした。
雲があるものの、晴れてはいましたので、大変良い眺めです。

DSC06505.jpg

広場の向こう側から山頂に向かいます。

DSC06510.jpg

ものすごく山が崩れているんです。
規模が大きすぎてビビります。
そーっと覗き込むだけで怖いです。

DSC06513.jpg

敬慎院の先から山頂までは雪が残っていました。
ところどころ凍っています。

DSC06514.jpg

山頂です。
赤丸のところが三角点。
ちょっとした広場になってはいますが、360度森の中でお世辞にも眺めは良くないです。

DSC06519.jpg

道中凍っているところもありましたので、下りは軽アイゼンを装着します。

DSC06524.jpg

池も凍っています。
夜は-20℃にもなるそうです。

DSC06532.jpg

無事到着!!

DSC06533.jpg

登りの時に、白糸の滝を見落としてきたので帰りに眺めてきました。



七面山 表参道

休憩込で8時間位かかりました。
本当は奥之院にも立ち寄る予定でしたが、車の中でナビが何処かにしまって探していたり、トイレにいきたくなって道の駅まで戻っているうちに時間がなくなって割愛しました。
高低差が1500mもある割に道がしっかり整備されて徐々に登れるためか、想定していたよりは苦しくありません。
同じような九十九折れが延々と続きますので、まるで修行のようです。


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  林道井戸入線  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

林道井戸入線(東京都奥多摩町 12月中旬)

DSC06347.jpg

人生初でございます。

奥多摩駅の方から山に入りました。
左の道を進むと鋸山です。

DSC06349.jpg

が。。。土がずーーーっと凍っていましたので、素直に引き返します。
凍土とか見分けがつかないんで無理っす



林道井戸入沢線
入り口だけです。
(ちょっと地図とGPSログが合っていません)


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  林道日影線  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

林道日影線(東京都八王子市)

DSC06338.jpg

大人気の高尾山の北側にあります。
林道があると教えてもらってやってきたんです。

DSC06339.jpg

色々なルートから登った高尾山ですが、こちら側から登ったことはありません。
山と高原地図によると、山頂から少し下ったところで合流します。
ただ、途中で車止めがあるようなので引き返すことになりそうです。

DSC06341.jpg

キャンプ場の横を登って行きます。

DSC06343.jpg

川に沿って走りますので、なかなか気分が良いのですが。。。

DSC06345.jpg

途中で引き返してきました。

この日は日曜日でしたから、マイナールートとはいえ、日本一の登山者数を誇る高尾山ですから、いつもの林道とは比べ物にならないくらいハイカーさんがいらっしゃいます。
人とすれ違うたびに変な目で見られますんで、流石に心が折れました


Category: トレッキング > 山歩き   Tags: 山歩き  天城山  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[山登り] Genre[趣味・実用]

天城山 シャクナゲコース周回(百名山!! 静岡県東伊豆町 11月下旬)

DSC06247.jpg
ゴルフ場の入り口の直ぐ手前に登山者用の駐車場があります。
アスファルトのしっかりしたもので、広いです。
トイレもあります。

DSC06249.jpg

駐車場のすぐ近くから登山道が始まります。
旧天城トンネルのほうまで縦走するルートもあるのですが、車で来ていますので、途中で引き返してくるつもりです。
反対側からはまた別の機会ですね。

DSC06252.jpg

行きは縦走路と同じく左手の万二郎岳の方へ進み、帰りは右手から戻ることにします。

DSC06259.jpg

万二郎岳に到着

DSC06261.jpg

遠くに見えるのは相模湾です。

DSC06262.jpg

すっかり葉が落ちて紅葉はおしまいですね。
こんなに葉が落ちて緑が少ないということは、さぞ見事な紅葉だったんでしょう。
次回はもう少し早く訪れようと思います。

DSC06266.jpg

不思議な木のトンネルを歩いて行きます。

DSC06269.jpg

歩き易いところが多く、危ないところはありません。
ただトイレが無いんですよね。

DSC06270.jpg

2つ目のピーク、万三郎岳です
お昼を食べる良さげな場所が埋まっていますので。。。

DSC06274.jpg

万三郎岳から少し下ったところで昼ごはんを食べるところ。
駐車場でお湯を作ってポットに入れてもってきました。
登山用のコンロじゃないんで調子が悪いと火が点かないんですって

500mlのポットだと、カレーとカップヌードルで使うのに若干足りない位です。

DSC06278.jpg

北側のルートから引き返します。
目の前に相模湾が見えます。

DSC06279.jpg

多少のアップダウンはありますが、おおむねゆるやかに下る感じです。

DSC06281.jpg

紅葉が残っているじゃないですか
絶対に時期を間違えた気がする。

DSC06282.jpg

なんだか根から倒れている木が多いんです。

DSC06283.jpg

ゴール!!



天城山シャクナゲコース
高低差200m位、休憩込で5時間位です。
基本的に歩きやすいと思います。

前日から車中泊(初)でのチャレンジでしたが、いつもと変わらない山歩きができました。
これなら多少は遠くても普通に歩けそうな目処が立ちましたので、早くも次の山を物色中です。

難点は渋滞でしょうか。
覚悟はしていましたが秋の紅葉シーズンでしたから、2時間オーバーで、ようやく家にたどり着いています

次回は、現地で温泉入って旨いもの食べて仮眠して、ゆっくり夜中に帰ります


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  静岡  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

富士スピードウェイ北側の林道(静岡県小山町 10月下旬)

DSC06144.jpg

17時になったら閉鎖するような看板を見つけましてね。。。
まだ少し時間に余裕がありましたのでホッしながら突入しますよ

右手は富士スピードウェイです。
レーシングカーの爆音が聞こえます。

DSC06147.jpg

左手は霊園、右手はゴルフ場です。
ゴルフボールなんて落ちていたりして。。。

DSC06148.jpg

分岐です。
真っ直ぐも道が続いているのはガルルを眺めて知っていましたが、
右折した先の道が陥没しているようなことが現地の看板に書いてありましたので、まず右へ行きます。

いつもの通り、行ける所までいく派です。

DSC06153.jpg

愛鷹山だと思う。
山歩きするようになってから、一度登った山って何故か愛着が湧いて場所や形を覚えてしまう気がします。
私だけかな?
山歩きの話はこちら⇒愛鷹山(二百名山!! 静岡県12月上旬)
富士山がバッチリ見えますし、ルートによっては歩きごたえがあります。

視界が開けるところが多く、とても明るく感じます。

DSC06155.jpg

陥没に気が付かなかったのでしょうか。
所々にぬかるみや砂地もありましたが、撤退するほどでもありませんでした。

ここは高い木が無くて明るいところ。
空が見えて気分は最高!

DSC06156.jpg

抜けました!!
富士スピードウェイの周りの道に出ます。



富士スピードウェイ近くの林道
高低差もほとんどなく、フラットです。
所々ぬかるみや砂地があります。
ダート区間5km位。

走りやすいです。



Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  足柄  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

林道大沢線 他(静岡県小山町 10月下旬)

DSC06119.jpg

不老山と金時山とセットのトレイルなんですね。
金時山側に入ります。

DSC06121.jpg

入り口です。
一応バイクは通行できます的な看板がありましたので、ありがたくお邪魔しました。

DSC06125.jpg

残念ながらすぐにダートはおしまいです。

しばらく走った先に遊女の滝の案内がありますが。。。誰もいません。

DSC06126.jpg

アスファルト走ってもつまらないですから、様子を見に行きます!!



遊女の滝
ふーん。

DSC06133.jpg

確かにバイクなら抜けられますね。

DSC06134.jpg

次の林道へ移動します。
ずーっと坂を下っていき、足柄駅から踏切を渡って山に向かって少し走ったところです。

DSC06138.jpg

渓流に沿って走るとても気持ちの良い林道なのですが。。。

DSC06143.jpg

水で道が掘れてきたので泣きながら引き返してきました。
先の様子を見て戻ってくるところです。

「山と高原地図 箱根」を眺めると金時山の登山ルートになっていました。
結構山歩きの人が歩いていますので、こちらの林道もほどほどにされた方が良いと思います


林道大沢線(青)と足柄駅近くの林道(黄)
林道大沢線は遊女の滝の手前で舗装されてしまいます。1.5km位(ダート区間は自信ないです。もう少し短いかも)。足柄駅近くの林道は2km位走ったところで撤退しました。

近くに金時山がありますからね。
山歩きの人とたまにすれ違います。
意外と若い人が多いです。


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

林道生土不老線(静岡県小山町 10月下旬)

DSC06112.jpg

ダートが始まるところです。
きれいに整備されています。

DSC06114.jpg

立派な砂防ダムです。

DSC06115.jpg

川を横切って。。。

DSC06118.jpg

ゲートクローズでございます。

軽トラックに乗った猟友会と思われる人と目が合って「こんにちは!」なんて挨拶したのですが
不機嫌そうに「あんたみたいなバイク乗ったやつが走り回るもんだから道が掘れちまうじゃねぇーか!」なんて説教が始まりまして。。。大変ご立腹でしたので、ひたすら「すみません」って頭を下げていたら「ほどほどにしとけよ!」って捨て台詞をはいて格好良く走り去って行きました。

よくよく聞くと山登りをする人のために整備されている人達がいるそうで、我々はお呼びでないようです。
反対側の入り口からも走るつもりでいましたが、ここは素直に別の林道へ移動します。


生土不老山線
ゲートまで1.2kmです。
よく整備されています。


-------------------
2018年11月上旬 追記

「山と高原の地図 丹沢」に不老山へのルートとして載っていました
気をつけて走りましょう。


----- 広告でございます -----
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丹沢(2018年版) (山と高原地図)
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/11/19時点)

楽天で購入



Category: トレッキング > 山歩き   Tags: 山歩き  八甲田山  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[山登り] Genre[趣味・実用]

酸ヶ湯温泉からの八甲田山周回(百名山!! 青森県 8月中旬)

DSC05750.jpg

無料の酸ヶ湯公共駐車場です。
しっかりしたトイレもあります。

酸ヶ湯公共駐車場の上の方から道を渡った向こう側から登山道に入ります。

DSC05753.jpg

登山道は所々ぬかるんでいましたが、整備もしっかりされていて、
簡単な防水性もある登山靴ですから水が染みてくることもありませんでした。

DSC05758.jpg

これは珍しいと思い撮影してきたんですけど、家に帰って調べてみると平地で普通に見られるらしい
「ツルニンジン」です。

DSC05765.jpg

草木の生えていないところがあったり。。。

DSC05767.jpg

水の流れが気持ち良いです。

DSC05778.jpg

木道を歩きます。
この辺りは小さい花がたくさん見られまして歩いていて楽しいです。

DSC05781.jpg

紫色の「タチギボウシ」がちょいちょい咲いています。
大きくて目立ちます。

DSC05783.jpg

小さいですけど、きれい青色なので気になって撮ってきました。
「ミヤマリンドウ」らしい。

DSC05794.jpg

正面に大岳が見えます。

DSC05805.jpg

小さくて白い花が咲いています。
似たような花が多くて調べてもいまいち自信がありませんが、たぶん「ウメバチソウ」です。

DSC05809.jpg

大岳の山頂に着いたら、ちょうど雲がかかって何も見えなくなってしまいました

DSC05813.jpg

一瞬だけ雲が晴れたんです

高田大岳のほう。

DSC05816.jpg

大岳避難小屋へ下るところ。
上から見ると、でっかい噴火口がハッキリとわかりますね。

左の方へ行きます。

DSC05820.jpg

大岳避難小屋です。
中にトイレもあります。

DSC05821.jpg

もちろん上級者向けの香りがしますが、
こんなところにありますので非常に助かります。

DSC05830.jpg

毛無岱です。
遮るものが無く、眺めが大変素晴らしい

DSC05831.jpg

ずっと木道が続きます。

DSC05833.jpg

池があったりして。

DSC05836.jpg

急な下りの先にも湿地帯が続くんですよね。
晴天なのもありますが、ピクニック感覚で歩いていて気分が良いです

湿地って楽しい

DSC05839.jpg

湿地の中にも休憩用のテーブルとベンチが設置されていました。

東北の水でも飲もうと裏を見たら自分ちの水道水と同じ水系なのに気が付き苦笑い

DSC05845.jpg

眼下に酸ヶ湯温泉が見えてきました。
バイクは赤丸のところに停めてあります。


八甲田山 酸ヶ湯温泉から大岳周回

休憩込で5時間位でした。
ハイキング気分で楽しく歩けるコースですね。
山登りだけで無く、高山植物あり、湿地ありのバラエティーに富んでいますので歩いていて飽きません。

立ち寄った温泉⇒酸ヶ湯温泉
白濁している巨大な半(?)混浴風呂のある温泉です。


Category: トレッキング > 山歩き   Tags: 山歩き  岩木山  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[山登り] Genre[趣味・実用]

津軽岩木スカイライン八合目から岩木山に登る(百名山!! 青森県 8月中旬)

DSC05555_20180920010840d96.jpg

これからこの山に登ります!!
町から山頂の様子がわかりますから判断に迷いません。

DSC05556.jpg

バイクで八合目まで一気にきました。

DSC05559.jpg

リフトを使わないで歩いています。
リフト組と合流するまでこんな感じの道です。

眺めはそうでもないのでリフト使って省略しても良かったかも。

DSC05564.jpg

リフトの人達と合流するところから視界が開けます。
遠くに見えるのは日本海です。

DSC05568.jpg

山頂まで殆ど岩歩きです。

少し大変そうですが、何人かバイク乗りの人も歩いていました。

DSC05570.jpg

白神山地?八甲田山のほうかな?
青森には他にもずっと気になっている山があります。

DSC05577.jpg

山頂に到着したら、雲が濃くなってきました。

DSC05578.jpg

神社を再建するらしい。

DSC05580.jpg

元気な葉っぱにビックリしました。
たぶん「ミネアザミ」

DSC05581.jpg

白い花が沢山咲いています。
「ミヤマセンキュウ」かと。

DSC05582.jpg

ほら、そこそこ急な岩場ですよ。

DSC05585.jpg

登り返した先がリフト乗り場ですが、お金がもったいないので歩いて下ります。

DSC05587.jpg

八合目の駐車場に下りてきました。
売店やトイレもあります。


八合目駐車場からの岩木山

リフト無しで休憩込2時間ちょっとでした。
津軽平野に岩木山だけひょっこり立っていますから、そりゃ眺めは最高ですよ。


DSC05599.jpg

帰りに岩木山神社でお参りしているところ。

DSC05602.jpg

このアイスクリーム、鳥居の前でお姉さんが売っているんですが、シャリシャリしていて、とても美味しいです

立ち寄った温泉⇒嶽ホテル
白濁の源泉かけ流し温泉です。
値段もリーズナブル。


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリングレポート] Genre[車・バイク]

柴津林道(長野県信濃町 8月上旬)

DSC05500.jpg

野尻湖側の入り口です。
鋭角に分岐しますので、ナビを見ていて分かりやすかったです。

DSC05502.jpg

少し緩めの砂利ながら、大変良く整備された林道です。

ただ野沢温泉で共同浴場をハシゴした後ですので戦闘意欲はゼロ
途中で引き返して、明日に備えてとっととうちに帰ります

振り返るとせっかく天気も林道も良好なのに勿体ないことをしたと後悔しています。


柴津林道
フラットで良く整備されています。
1km程で引き返してきました。

------ 広告でございます ------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツーリングマップル関東甲信越(2018) 1:140,000
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/11/19時点)

楽天で購入



持って行ったほうが良いって



Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  林道新行山線  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリングレポート] Genre[車・バイク]

林道新行山線 ※早々に撤退(8月上旬 長野県大町市)

DSC05432.jpg

入り口は少し分かりにくいですけど、ナビとツーリングマップルを比べながらたどり着けました。
「何があっても知りませんよ」的な自己責任ロープがあります。

DSC05434.jpg

緑が大変きれいな林道です。

DSC05437.jpg

途中、景色が良く見えるところもあります。

DSC05438.jpg

道が荒れてきたので途中で引き返すところ。

家に帰って見返すと大して荒れていませんけど、せっかく遠くまできているので明るいうちに戸隠神社の奥社までへ行ってみたかったんです。
そうですハナから林道で頑張る気ありませんから。

次回は本気出します。

DSC05440.jpg

転回するときに、バイクを支えきれずにスロー立ちごけしています
10分位バイクの向きをガリガリ変えたりして格闘した後に、ようやく復帰するところです。



林道新行山線

入り口から1.3km走ったところで引き返しています。
バイクを倒してしまい、泣きながら帰ってきました。



Category: トレッキング > 山歩き   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[山登り] Genre[趣味・実用]

南木曽岳(三百名山! 長野県南木曽町 5月上旬)

DSC05134.jpg

9時の時点での駐車場です。
もう1段下がったところにも駐車スペースがあり、そちらはまだ空いていました。

DSC05137.jpg

少し歩くと避難小屋があり、みなさん登山届を出していました。
ここにも駐車スペースがあります。

DSC05142.jpg

地面の砂が白いんですよ。
川の流れがたいへん綺麗でございます

DSC05145.jpg

登山道と下山道が分かれています。

DSC05146.jpg

岩場を歩いたり。。。

DSC05149.jpg

急な階段やハシゴが続いたり、ちょっとハードです。

DSC05159.jpg

山頂に到着!!
道中たくさん抜かされたんですけどね。
誰もいません。。。

DSC05164.jpg

白い花が咲いています。
うーん。名前がわかりません。

DSC05175.jpg

しばらく歩くと急に周りが開けてきました。

避難小屋とトイレ。
トイレは新しめ、山頂近くの割に普通に使用できるレベルのものでした。

DSC05177.jpg
DSC05187.jpg

山頂のあたりは大変良い景色です。
御岳山や乗鞍岳や木曽駒ケ岳などの有名な100名山が一度に見渡せて、なんだか嬉しい

DSC05183.jpg

「ショウジョウバカマ」かな。
登山道に沿ってちらほら咲いています。

DSC05191.jpg

恵那山かな?
候補だったんですけど、良く調べてみたら長時間の歩きと登山口へ向かうまでの距離が長かったので今回は断念しました。
ちゃんと恵那山にチャレンジするために準備が必要そうです。

DSC05193.jpg

木の階段がものすごく沢山の場所で整備されています。
ほんと頭が下がります。

DSC05196.jpg

ふもとの方でも、明るい日差しが入ります。
森ですよ。

DSC05198.jpg

半透明の「ギンリョウソウ」も見かけました


南木曽岳
高低差700mくらい。
休憩込で4時間半です。
ハードですが、かかる時間も短いので意外とバテませんでした。
アスレチックのような山歩きです。

立ち寄った温泉⇒あららぎ温泉
シンプルな源泉かけ流しつるつる温泉です。


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

中組陣馬形線(長野県中川村 5月上旬)

DSC05086.jpg

延々と折草峠から舗装道路を延々と走ってきたので、もう見落としてしまったのかと思いました。
入り口は看板があって分かりやすいです。

DSC05088.jpg

勾配が急なので、景色なんて見る余裕ありませんでしたよ。
家に帰って画像を見直すと良さげな新緑が続いていました。

DSC05089.jpg

道は落ち葉で埋まっています。
ただ、本当に急勾配なところは簡易舗装されていますので、登れないで困ることはありませんでした。

DSC05095.jpg

雪が積もったアルプスが遠くに見えます。

DSC05098.jpg

折草峠につながる道にでました。
本当はこちら側から入るつもりだったんですけど、やはり素通りしたようです。
また戻ってしまいました


中組陣馬形線
ちょっと急勾配ですが、一部舗装されていて何とかなります。4.5km。
少しだけ眺めの良い場所があります。

Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

女沢林道(長野県伊那市 5月上旬)

DSC05055.jpg

峠を越えるとダートが始まります。

DSC05058.jpg

明るくて景色の良い林道ですね。
新緑が大変気持ち良いです。

DSC05059.jpg

分岐を右へ行きますよ。

DSC05060.jpg

何故右を選んだかというと通行止めで行ける所まで行くからです。

DSC05063.jpg

珍しくキジが撮影できました!
いつもは逃げて行ってしまいますから。

DSC05068.jpg

崩れていますね~。
先に進む方もいらっしゃいましたが、無理をしないで戻ります。

砂場の棒倒しみたいなもんですよ。
車重のあるテネレの番で崩れたら嫌じゃないですか

DSC05070.jpg

遮るものがありません。
素晴らしい

DSC05072.jpg

後半は川沿いを走ります。

DSC05073.jpg

清涼感がありますね


女沢林道

初めてでしたが、景色の良い林道です。
しかも黒河内林道を出たところからも近いのでセットで走れば大満足なんじゃないかな。


Category: トレッキング > 林道ツーリング   Tags: 林道  

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[ツーリング] Genre[車・バイク]

中腹林道(岐阜県中津川市 5月上旬)

DSC05024.jpg

ここまで来るのに何度か迷っています。
ただ、家に帰ってGoogleマップを眺めると山の方へ向かえば何処からでも林道へ入れそうです

橋を渡った先からダートが始まります。

DSC05027.jpg

砂利が大きめで走りにくいんですけど、道はしっかり整備されていて、雨水で掘れていたりしません。

DSC05028.jpg

分岐が沢山あるんです。
案内板が無かったら入ったら最後出てこれないと思う。

DSC05030.jpg

道がきれいなところで小休止している時に写真を撮っているだけで、大きめの砂利に苦戦しましたよ。

DSC05032.jpg

私が走ったルートには特段眺望は望めませんでしたが、全然走っていませんからね。
分岐が多くて一度じゃ走り切れません

DSC05033.jpg

とりあえず木曽谷に向けて走っています。

DSC05036.jpg

簡易トイレがあったりして。。。

DSC05042.jpg

まだまだ続きそうですけど、日が暮れそうなので断念します。
1日こっちで遊んでいれば良かったと後悔しています。


中腹林道
10km位で断念してふもとに下りています。
粒の大きい砂利にヒーヒー言わされながら走っているうちに、結構な練習になった気がします

いつもはすぐに引き返しますが、奥に入り過ぎて頑張って走らないと帰れなかっただけなんですけどね。


04 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスカウンター
人気ブログランキング
サイト内ランキング
勝手にオフロードタイヤランキング
使い方は、2ヵ月に1回ペースで整備されたダートを走り、長距離のキャンプツーリングもこなし、スーパーへ買い物に出かけます。雪が積もった次の日の朝と、台風レベルの強風の日は走りません。どちらかと言えばオンロード重視です。
ブログランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ

FC2
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
52位
アクセスランキングを見る>>
アクセス県民
アクセス数を人口で割ってみました。
1 東京 6694p 2 静岡 3228p 3 長野 2407p 4 神奈川 2211p 5 千葉 2045p 6 栃木 1774p 7 山梨 1750p 8 愛知 1691p 9 宮城 1602p 10 埼玉 1588p 11 香川 1426p 12 群馬 1221p 13 奈良 1178p 14 大阪 1167p 15 三重 1122p 16 広島 1112p 17 茨城 1044p 18 愛媛 1020p 19 福井 993p 20 京都 934p 21 和歌山 859p 22 兵庫 790p 23 滋賀 759p 24 宮崎 740p 25 山形 736p 26 石川 676p 27 山口 669p 28 新潟 645p 29 岐阜 644p 30 富山 641p 31 福島 617p 32 岡山 602p 33 福岡 537p 34 徳島 510p 35 岩手 497p 36 高知 485p 37 秋田 470p 38 佐賀 459p 39 北海道 453p 40 鳥取 442p 41 青森 401p 42 長崎 365p 43 熊本 364p 44 島根 363p 45 沖縄 273p 46 鹿児島 223p 47 大分 193p 48 アメリカ合衆国 17p 49 シンガポール 6p 50 香港 5p 51 ノルウェー 4p 52 オーストラリア 3p 53 台湾 3p 54 フィンランド 2p 55 イギリス 2p 56 フランス 2p 57 ポルトガル 1p 58 ギリシャ 1p 59 ルーマニア 1p 60 カナダ 1p 61 ポーランド 1p 62 アルゼンチン 1p 63 ウクライナ 1p 64 コロンビア 1p 65 韓国 1p 66 イタリア 1p 67 タイ 1p 68 トルコ 1p 69 ドイツ 1p 70 ベトナム 1p 71 フィリピン 1p 72 メキシコ 1p 73 ロシア 1p 74 ブラジル 1p 75 インドネシア 1p 76 中国 1p
全記事表示リンク

Archive

RSS