FC2ブログ

続・お休みの日って何してる?

山歩きしたり、林道ツーリングしたり、温泉に入ります!

道の駅 富士川で車中泊する(山梨県富士川町 1月上旬)

DSC06463.jpg

甲府市街で温泉をいただいてから、23時過ぎに道の駅に到着です。
朝から七面山にチャレンジするためにやってきました。
山のふもとの駐車場までは車で40分とそこそこ距離がありますが、決め手は施設がきれいそうだったんです。

正面にあるのが24時間使用できるトイレです。

DSC06464.jpg

10数台の自家用車が駐車中で、非常に静かですのでみなさん就寝中のようです。

店は閉まっていますが、道の駅を出てすぐのところにローソンがありますので、深夜でも食べるものには困らなそうです。

DSC06465.jpg

トイレの便座が割れています。
ウォシュレット付きの便座もありがたいんですが、室内全体にも暖房が入っていて、とっても暖かいんです

DSC06467.jpg

車のルームライトですとバッテリー上がりの恐れが無くはない気がしましてね、自転車のヘッドライトをぶら下げてみているところ。
ちょっとライト本体が熱くなりますが、えらく明るいので気に入りました。
それにUSB充電式ですから気軽に使えますしね。

DSC06469.jpg

まだ正月休みですから深夜に若者たちがやってきて、エンジンかけっぱなしで楽しそうに盛り上がっていました。
「すげーうるせーなー耳栓なんて全然効かねーし。そりゃ正月だし盛り上がるよな。ちくしょーうらやましい」なんて思いっているうちに、いつの間にか寝てしまっている自分は案外、車中泊でもいける気がします

トータス温泉(山梨県甲府市)

DSC06461.jpg

広い駐車場ですが、細い道が多く、真っ暗で入り口が何処から入れば良いかわからずに通りをグルグル回りました。
結局、一旦マンションの駐車場に中を抜けて、たどり着きました。
夜はカーナビなしじゃ厳しいかもしれません。

DSC06462.jpg

歩いて看板を見つけましたよ。
でもありがたいことに日帰り温泉施設なのに23時まで開いているので大変利用しやすいです。
山登りの前泊で利用しました。

DSC06458.jpg

入り口。
大月短大の教授のありがたい説明がのぼりになっています。
温泉分析書でたまに見かける方でしょうか。

街の銭湯風の施設ながら、無料のドライヤーが用意されていました。
洗い場は十分な数があり、シャンプー&ボディソープ完備され、
風変りなシャワーから出るお湯の勢いは良好です。

内湯は2つあります。
茶色の透明な温泉は、若干つるつる感があるような、ないような感じで、
湯船のフチからオーバーフローされていきます。
源泉かけ流しのようです。

露天風呂も1つあり、景色は真っ暗で何にも見えませんでしたが、こちらも茶色の温泉です。
1月上旬でしたので、外はものすごく寒いのですが、温まった体を冷ますのにちょうど良いかも。

備品の整った茶色い源泉かけ流しの温泉に(近くに遊びにいく際に再び立ち寄りたい級)とさせていただきました。

値段も手頃で、シャンプー&ボディソープもあるし、暗くなったらどこも外の景色なんて見えやしませんから、十分良い温泉だと思います。

中古タイヤ市場 相模原店(相模原市南区)へ古い自動販売機を見に行く

DSC06452.jpg

懐かしの自販機が大量に置いてあるところがあるって
なんとお正月に岐阜の親戚から教えてもらいまして

えらい近場だったので、洗車のついでに立ち寄ってみたんです。
なるほど、確かに沢山あります。

全部が買える訳ではなさそうですが、一部は本当に買える様子。
ちょうど、お店のかたが、蕎麦の自動販売機に何やら補充していて、お客さんがそれを待っていました。

DSC06455.jpg

そういえば、小学生の頃、こずかいが無くなって、このスプライトの瓶を酒屋に持っていってお金に変えて、駄菓子屋の横で「ディグダグ」したことがありました。
懐かし過ぎます

DSC06457.jpg

本業は中古タイヤ屋らしいです。

DSC06456.jpg

広い砂利の駐車場がありますので、停める場所には困りませんでした。
ナンバープレートを見ると相模ナンバー以外の車もたくさん遊びに来ていましてね。
へたな観光地より賑わっているのにビックリします。

豆苗(とうみょう)を育てる

2019年1月上旬

DSC06451.jpg

スーパーの野菜売り場で良く見かけるやつです。
毎日水を換えて日に当てると育つそうで、弁当箱に入れて水を2cm位浸しています。


2019年1月中旬

DSC06570.jpg

めでたく、これから晩御飯の豚キムチ炒めに投入されます。

ずっと室内の日当たり良好な窓際に置いて、毎晩、水を替えてこうなりました

ローズマリーを育てる

DSC06388.jpg

奥さんが育てているローズマリーでございます。
12月下旬なのですが、うす紫色の小さな花を咲かせます。
みんな枯れてしまって寂しい時期に咲いてくれると、なんだか嬉しいです

ビオラを育てる

DSC06387.jpg

二十日大根を美味しく頂いたあと、鉢が空いて寂しいので、ホームセンターで値引きされていた苗を買ってきました。
確かビオラだった気がするんですけど、街で見かけるのと随分イメージが違うような気がします。

花がらを摘んだりする必要があるんですね。。。

林道井戸入線(東京都奥多摩町 12月中旬)

DSC06347.jpg

人生初でございます。

奥多摩駅の方から山に入りました。
左の道を進むと鋸山です。

DSC06349.jpg

が。。。土がずーーーっと凍っていましたので、素直に引き返します。
凍土とか見分けがつかないんで無理っす



林道井戸入沢線
入り口だけです。
(ちょっと地図とGPSログが合っていません)

林道日影線(東京都八王子市)

DSC06338.jpg

大人気の高尾山の北側にあります。
林道があると教えてもらってやってきたんです。

DSC06339.jpg

色々なルートから登った高尾山ですが、こちら側から登ったことはありません。
山と高原地図によると、山頂から少し下ったところで合流します。
ただ、途中で車止めがあるようなので引き返すことになりそうです。

DSC06341.jpg

キャンプ場の横を登って行きます。

DSC06343.jpg

川に沿って走りますので、なかなか気分が良いのですが。。。

DSC06345.jpg

途中で引き返してきました。

この日は日曜日でしたから、マイナールートとはいえ、日本一の登山者数を誇る高尾山ですから、いつもの林道とは比べ物にならないくらいハイカーさんがいらっしゃいます。
人とすれ違うたびに変な目で見られますんで、流石に心が折れました

港北の湯(横浜市都筑区)

DSC06308.jpg

バイクの駐車スペースは4輪車のスペースの端にわかるだけで3か所用意されています。
となりのディスカウントストアの駐車場も利用できるようです。
もちろん無料です。

DSC06309.jpg

入り口。
受付へはエレベーターか階段で上の階に上がります。

DSC06311.jpg

この日はバナナの湯ですよ

初めてのお湯でした。
本当にバナナの臭いがして笑えます。
子供たちに大人気でしたよ。

DSC06312.jpg

加水はしていないって。
いいじゃないでしょうか。

スーパー銭湯風です。
洗い場は十分な数があり、シャンプー&ボディソープ完備で、シャワーの勢いも良好です。

内湯には普通の浴槽とジェットバスとバナナの湯(日替わり)とサウナといったいわゆるスーパー銭湯感が強いです。
露天には高濃度炭酸泉に加えて、天然温泉を使用した浴槽と壺湯と寝湯があります。
小さいながらも源泉かけ流し浴槽も確保されています!!
温泉は透明な茶色で温度は適温、つるつる感がありますよ。

天然ラジウム鉱石を使用したミストサウナも試してみたりして。。。
効果はハッキリ分かりませんでしたが、そこはミストサウナですから普通にスッキリしますね。

バイクで利用し易い立地のつるつる感のある源泉かけ流し温泉と多彩なお風呂に
(近くに遊びにいく際に再び立ち寄りたい級)とさせていただきました。

IKEAの直ぐ近くです。

ピレリのスコーピオンラリー(フロント)を履いてみる

DSC06319.jpg

そんなのビールケースで十分だ!!
何て叱られてしまいそうですが、前車のBAJAの時からの愛用品です。
テネレでもフロントタイヤを外す時に支えに使っています。
もう10年以上使っていますが壊れる気配もありません。
優秀ですね

DSC06322.jpg

左側がSTRじゃないほうの「スコーピオンラリー」です。

おおーーーブロックがスッカスカですねぇ
あまりに強烈すぎてニタニタしていたら、気持ち悪いって言われたところです。

右側は交換したミシュランのアナキーワイルドです。

DSC06323.jpg

ブロックと間隔が1:1位ですね。
「AC10」なんかに比べればおとなしい方なんじゃないでしょうか。
廃盤になったミシュランの「T63」と同じ位だと思います。

DSC06325.jpg

おもいっきり日が暮れてしまった

ガレージをお持ちの方が心からうらやましい。。。
家を建てた当時は、こんなにバイクをいじることになろうとは夢にも思いませんでしたから。

DSC06327.jpg

ただいま馴らし中で、舗装路だけしか走っていませんが、思っていたほど怖くありません。
ただ雨の日は少しふわふわする感じがあるので、しばらくはゆっくり走るつもりです。

もう早く林道で試したくてウズウズしています


-------------------
2018年12月中旬

DSC06361.jpg

砂利道走ってきました!!
少し大きめの砂利道でもしっかりつかんでくれるような気がして、いつもより頑張れる気がします。
わざとガレめのワダチに落としてみたりして。。。

道中のアスファルトも普通に走りますし、今はすごく気に入っています。
MT21と同じくらいのブロック間隔ですから何となくダートで良さそうなのは想像できました。

もちろんライフなんて期待してないですよ

でも、ピレリのスコーピオンラリーの画像を見るとブロック間隔が短いのは気のせいでしょうか。
仕様が変わったのかも。

----- 広告でございます -----




  • Comment:0
  • Trackback:0

セ・ラ・セゾン!相模原本店のトライフル(相模原市中央区)

DSC06300.jpg

誕生日パーティー用のケーキの買い出しでございます。
近所に妙に食べログの評価が高いお店があるので、いつものところと別のお店です。

DSC06298.jpg

バイクで行くとケーキがぐちゃぐちゃになりますんでね。
無料の駐車場があると助かります。
10台くらい停められる砂利の駐車場です。

DSC06304.jpg

トライフルというロールケーキです。
値段は2000円オーバーで少々高め。

DSC06307.jpg

フルーツが沢山入っていてご機嫌でしょう?
甘くておいしい

もしキャンプツーリング中に「災害級の豪雨」がやってきたら

1週間以上キャンプツーリングしていると、全部晴れることは無くて、どうしても雨の日はあります。
小雨なら予報をこまめにチェックしながらよければ良いですけど
「災害級の豪雨」だったり「台風並みの低気圧」だったりします。

天気予報をスマホでチェックし、やばそうな時は無理せずホテルに逃げ込んでいます。

TRAVELIST.jpg

「トラベリスト」さん  (リンク ⇒ https://travelist.jp

2000円って、えらく格安な宿までヒット

格安航空券の検索サイトなんですけど、ホテルの検索もできて、
都市単位じゃなくて「新潟」「秋田」とか地域でざっくり検索できるのが便利ですね。
どの都市が安いかなんて地元民で無いとわかりませんから。。。

また、SNS風な画像が沢山掲載されていて、リアルにわかるのが使えると思います。
もちろんなるべく値段が安いところが良いですけど、部屋やトイレが許容できるレベルがどうか気になりますしね。

ホームページで見ると高級そうに見えたのに、実際に行くと昭和感がすごかったなんてあるあるですよ

赤沢日帰り温泉館(静岡県伊東市)

DSC06288.jpg

コンクリートの駐車場です。

DSC06285.jpg

ツーリングで前を通るたびに気になっていました。

DSC06286.jpg

ホテルのような入り口です。

3連休の利用でしたので、価格が1900円とくっそ高いんです。
入り口で躊躇しましたが、天城山を登ったあとで軽く臭いますから、もういいやって突入します。

DSC06287.jpg

エレベーターの前からの眺め
オーシャンビューでございます

タオル&バスタオルは無料で使用できます。
しっかりした洗い場で、シャンプー&ボディーソープも少し良さげなものが完備され、シャワーの勢いも良好です。

内湯にはサウナやジェットバスもあり大きな温泉浴槽があります。
全面ガラス張りで眺めは相模湾です。
水平線が丸く見えるやつです。

外に出ると広い露天風呂の奥に打たせ湯があって、ジャグジーもあります。
肩まで浸かると温泉と海の景色がぴったりくっつく感覚です。
しかも縁からどぼどぼ温泉がオーバーフローしていくじゃないですか!!
こんなに大きな浴槽なのに源泉かけ流しっスか?

景色だけじゃありません。
無色透明で適温の温泉は、なめると軽く塩辛いです。
温まり系の温泉ですよね。
やっぱり冬場は塩化物に限ります。

おっさんには勿体ないビューティーローズなる壺湯がありましてね。
えらい気持ち良いんで、ずーーーっと浸ってきましたよ。
うーん、ビューティービューティー。。。

抜群のオーシャンビューの景色と良質な温泉と美容に良さげな壺風呂に
(そのために訪れたい級)とさせていただきました。

良いんだけど値段もそれなりに高けーっす

天城山 シャクナゲコース周回(百名山!! 静岡県東伊豆町 11月下旬)

DSC06247.jpg
ゴルフ場の入り口の直ぐ手前に登山者用の駐車場があります。
アスファルトのしっかりしたもので、広いです。
トイレもあります。

DSC06249.jpg

駐車場のすぐ近くから登山道が始まります。
旧天城トンネルのほうまで縦走するルートもあるのですが、車で来ていますので、途中で引き返してくるつもりです。
反対側からはまた別の機会ですね。

DSC06252.jpg

行きは縦走路と同じく左手の万二郎岳の方へ進み、帰りは右手から戻ることにします。

DSC06259.jpg

万二郎岳に到着

DSC06261.jpg

遠くに見えるのは相模湾です。

DSC06262.jpg

すっかり葉が落ちて紅葉はおしまいですね。
こんなに葉が落ちて緑が少ないということは、さぞ見事な紅葉だったんでしょう。
次回はもう少し早く訪れようと思います。

DSC06266.jpg

不思議な木のトンネルを歩いて行きます。

DSC06269.jpg

歩き易いところが多く、危ないところはありません。
ただトイレが無いんですよね。

DSC06270.jpg

2つ目のピーク、万三郎岳です
お昼を食べる良さげな場所が埋まっていますので。。。

DSC06274.jpg

万三郎岳から少し下ったところで昼ごはんを食べるところ。
駐車場でお湯を作ってポットに入れてもってきました。
登山用のコンロじゃないんで調子が悪いと火が点かないんですって

500mlのポットだと、カレーとカップヌードルで使うのに若干足りない位です。

DSC06278.jpg

北側のルートから引き返します。
目の前に相模湾が見えます。

DSC06279.jpg

多少のアップダウンはありますが、おおむねゆるやかに下る感じです。

DSC06281.jpg

紅葉が残っているじゃないですか
絶対に時期を間違えた気がする。

DSC06282.jpg

なんだか根から倒れている木が多いんです。

DSC06283.jpg

ゴール!!



天城山シャクナゲコース
高低差200m位、休憩込で5時間位です。
基本的に歩きやすいと思います。

前日から車中泊(初)でのチャレンジでしたが、いつもと変わらない山歩きができました。
これなら多少は遠くても普通に歩けそうな目処が立ちましたので、早くも次の山を物色中です。

難点は渋滞でしょうか。
覚悟はしていましたが秋の紅葉シーズンでしたから、2時間オーバーで、ようやく家にたどり着いています

次回は、現地で温泉入って旨いもの食べて仮眠して、ゆっくり夜中に帰ります

道の駅 伊東マリンタウンで車中泊(静岡県 11月下旬)

DSC06228.jpg

初めての車中泊でございます
旅先で出会った人や後輩からその気楽な雰囲気を聞いていまして、あこがれていたんです。

ここは、冬場になると良く利用させていただいてる「道の駅 伊東マリンタウン」です。
今回はここで一泊して、翌日に百名山の天城山にチャレンジしようって訳です。
早起きしなくても良いですから。

ETCの深夜割引を利用して夜中の2時に到着しています。

DSC06231.jpg

あたたかい飲み物もありました。
助かります。

DSC06238.jpg

10年以上使っていなかった純正カーテンが大活躍しているところ。
泊まる用の装備はキャンプツーリングで使うサイドバッグに入れっぱなしなので困ることはありませんでした。
そりゃテントに比べれば天国ですよ

ただ、寝るスペースを平らにできなくて、なかなか寝付けなくって少し苦戦しています。

DSC06241.jpg

朝起きたら海沿いを散歩したりして。。。

DSC06244.jpg

たくさん車が止まっていますが、夜中は騒ぐ人どころか話声など全くなく、とても静かでした。
その辺のキャンプ場よりマナー良いんでびっくりしました。

DSC06245.jpg

ゴミ箱があるのが嬉しいですね。

DSC06246.jpg

伊東の市街地へ足を伸ばせば24時間営業のスーパーもありました。

車中泊なら冬場でももう少し遠くへ遊びに行けそうです

天丼ツー(山梨県 11月中旬)

DSC06216.jpg

いきなり店の前ですみません
ここは山梨市にあるお食事処 「はくさい」です。
花かげの湯と同じ敷地にありますが、入り口は別になっていて特に温泉を利用しなくてもご飯を食べることができました。

DSC06220.jpg

うわさ以上の盛りです。
デフォルトでエビが4本入っていて、イカと交換できます。
写真のは1本だけイカに交換しています。
横に長い天ぷらはあなごです。

DSC06221.jpg

なんか大根おろしが付いてきましてね。
お姉さんに「すみません。これ天ぷらをつけて食べるの?それともかけるもの?」なんて聞いたら
「かけて食べます」なんて当たり前でしょそんなこと聞かないで風な顔をされてしまいました。

かけると確かにサッパリしてこれだけの量でも最後まで美味しく食べられます。

DSC06223.jpg

食べているだけでなくて、ツーリングもしてますよ。

DSC06225.jpg

帰りは山の中を下道で走ってきました。
紅葉していて良い気分です。


山梨天丼ツー
走行距離175km。下道は中々走りごたえがあります。

牛角ビュッフェ 多摩境店(東京都町田市)

DSC06210.jpg

近くに大きなバイク用品店がありますので、前を通るたびに気になっていたんです。
牛角の食べ放題ですよ。

洒落た外観です。
多摩境駅からも歩いて近いですし、もちろん駐車場付きです。

DSC06212.jpg

ファミレス風の座で、タッチパネルで席から注文をするシステムです。

DSC06213.jpg

平日の限定なんですが焼肉ランチがあるんです。
しかもご飯の量が選べるんですが、値段は同じですよ。
もちろん小生は特盛でございます!!

DSC06215.jpg

牛角なのに炭火じゃないじゃん

でも、ボリュームがあり美味しかったので十分満足しています。
  • Comment:1
  • Trackback:0

釣りツーリング in 奥多摩 峰谷川渓流釣り場(東京都奥多摩町 11月中旬)

DSC06182.jpg

河原で自由にバーベキューできます。
直火オーケーで魚を串にさして焼く、ゲームで見かけるヤツができるそうです。

コンロ持ってきてもらいましたから、上手にできるほうにします。

取り敢えず火を起こしてコーヒーを飲もうとしているところ。

DSC06189.jpg

ルアーの人もいましたが、初心者はエサでしょう。

気持ち悪くてすみません。
「ぶどう虫」でございます。

前日に家の近くの大型釣具店での購入です。
値段は高めですが良く釣れました。

数が連れましたのでエサ釣5人で現地でもう1箱で買い足しています。

DSC06195.jpg

ニジマスの腹を切ってワタを指でぐりぐり取り出しているところ。

さばき方はスタッフさんに「自信が無い」って話したら
ナイフの入れ方から塩の振り方まで、丁寧に教えてくれました。
ナイフや塩まで備え付けのものがあります。

DSC06196.jpg

炭火でこんがり焼けたニジマスは絶品なんです

DSC06198.jpg

渓流が石で区切ってありまして、6人で行って3区画に放流していただいてます。

水がたいへんきれいです。

DSC06203.jpg

ニジマスを食べ過ぎて飽きてきて、
マルシンハンバーグとベーコンを追加したところ。

DSC06207.jpg

奥様に「さかな臭くなるのが嫌だから、全部焼いて持ってきて!!」とえらい剣幕で言うもんだから、
現地でさばいて塩降ってじっくり炭火で焼いて持ち帰りましたよ

家に帰って電子レンジで温めて食べたんですけど、これが想定外に美味しいんです。
オススメできます。


奥多摩ツーリング

下道110kmです。青梅IC近くのコンビニで集合して峰谷川渓流釣り場へ向かいました。
帰りは現地解散して奥多摩周遊道路から上野原へ抜けて山を越えて相模原ICへ抜けてきました。
途中、上野原から藤野間の国道20号線は大渋滞していましたので、この区間も山を走ったほうがよろしいかと。

車でBBQ道具持ってきてくれたり、前日からキャンプした人もいましたし、
帰りは近場過ぎてルートが合わずに、ツーリングと言いつつ半分現地集合&現地解散です。

軽いノリで始めた割に意外と釣りやBBQ経験者が多くて、ニジマス釣りまくるし、道具も家にあるものだけですし、焼き加減絶妙だし、えらくスムーズにできました。

ふとツーリング仲間を見渡せばアウトドア好きだらけでした
みなさまご協力ありがとうございました。

とうとうトルクレンチ差込角9.5mmを購入する

DSC06180.jpg

ずっと差込角6.35mmと12.7mmの2本を使い分けていましたが、
9.5mmのソケットレンチのセットを持っていたので使わないことも無かろうと購入したんです。
決め手は箱が付きで、モノタロウブランドなので値段も手頃したので。

DSC06181.jpg

鋳造なのか

とうとう3種類そろえてしまいました

ヌーランドさがみゆ(東京都大田区)

DSC06171.jpg

駐輪場があります。
この位のスペースがあればバイク1台位はなんとかなります。
自転車のほうが便利なんでしょう、たくさん停めてあります。

DSC06173.jpg

地下は自動車用の駐車場になっていました。

DSC06174.jpg

階段を上がった先に入り口があります。

DSC06175.jpg

なんだ銭湯と同じ460円なんですね。
事前にネットでチェックした時はもっと高い料金がつらつらと並んでいましたので、高めなのかと思いきや。。。
ちょっと分かりにくいです。

洗い場も十分な数があり、銭湯なのにシャンプー&ボディソープがありました。
シャワーの勢いも良好です。

銭湯ですのでサウナは別料金になりますが、当方気が向いたら利用する程度なのでそんな料金体系でも気になりません。
ジェットバスや電気風呂がある中、この辺りで良くある真っ黒い天然温泉があります。
もちろんつるつる感もバッチリです。
温度は適温。
小さめの露天風呂もありますが、中庭にどうにかおさまった感じで開放感はありませんが、
これだけ都心にありますから贅沢を言ってはいけません。

たった460円でシャンプー&ボディーソープ付きで真っ黒い天然温泉が楽しめるなんて大変うらやましい。

自転車置き場がある都心の激安の天然黒湯温泉に(近くに遊びにいく際に再び立ち寄りたい級)とさせていただきました。

カーナビで案内された場所から辺りを見回しても見つけられなくて少し焦りました。
バス通りからちょっと細めの道を入ったところにあるので、バイクですと分りにくいかもしれません。